首里城の復興に沖縄メディアがしのばせた「奪還の計」

メディア掲載記事

10月31日早朝、目を疑うような映像がテレビやインターネットで映し出された。激しく燃える首里城の姿は沖縄県民のみならず、全国民に大きな衝撃を与えた。

焼失を受けた政府の反応は異常なほど早かった。沖縄の経済振興政策を担当する衛藤晟一(せいいち)沖縄北方担当相は同日付で「首里城は沖縄のシンボルであり、内閣府として、沖縄県及び国土交通省、文部科学省等の関係省庁と密接な連携を取り、今般の火災の全貌の把握をするとともに、再建に向けて全力で取り組んでまいります」とのコメントを出した。

(記事全文はiRONNAのWebサイトでご覧ください)

首里城の復興に沖縄メディアがしのばせた「奪還の計」
仲村覚 10月31日早朝、目を疑うよう映像がテレビやインターネットで映し出された。激しく燃える首里城の姿は沖縄県民のみならず、全国民に大きな衝撃を与えた。 首里城を国から取り戻す? それでも突き放しちゃいけない理由 ユネスコが「復元」に口挟むワケ

 

タイトルとURLをコピーしました