矛盾した県民感情に入り込む共産勢力と「オール沖縄」の限界

メディア掲載記事
 全国の注目を集める沖縄県知事選は投開票日を迎えた。台風24号が最接近した選挙戦最終日まで激戦が繰り広げられた。急逝した翁長雄志前知事を支えた「オール沖縄」は前衆院議員の玉城デニー氏を支援している。
 オール沖縄陣営は候補選定基準を、翁長氏の遺志を引き継ぐ者と定めたが、候補選びに難航していた。ところが、突然翁長氏の「遺言」テープが見つかったと発表され、そこに名前が挙がっていたとされる玉城氏が擁立されることになり、玉城氏も出馬要請を受諾した。

(記事全文はiRONNAのWebサイトでご覧ください)

矛盾した県民感情に入り込む共産勢力と「オール沖縄」の限界
仲村覚 全国の注目を集める沖縄県知事選挙は投開票日を迎えた。台風24号が最接近した選挙戦最終日まで激戦が繰り広げられた。急逝した翁長雄志前知事を支えた「オール沖縄」は前衆院議員の玉城デニー氏を支援している。 不完全でも「保革共闘」 昨日の敵は今日の友

 

タイトルとURLをコピーしました