沖縄・翁長知事の国連演説は本当にヤバい

メディア掲載記事

約7年前から沖縄問題に取り組んできた私は今、沖縄の歴史という、自分の経歴とは無関係で不相応な大きなテーマに大きく足を踏み込んでしまっている。日本は「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」、「強制連行」といった歴史捏造により中国、韓国から「歴史戦」を仕掛けられている。しかし、私から見れば日本最大・最重要な歴史戦は沖縄の歴史戦である。他の二つの歴史戦は日本人の誇りを失わせ自主防衛を阻止するカードとして使われているが、沖縄の歴史捏造プロパガンダは、日本民族を分断し滅亡させるカードとして使われているからである。そして、この問題は日本民族全体の問題であり最大の危機だが、沖縄の歴史を取り戻し、根の深い沖縄問題を解決した時にこそ、日本民族は、強くて団結力のある世界のリーダーとして復活すると確信している。

市民団体が国連演説を手引き

沖縄の地方紙では翁長雄志知事が9月14日から10月2日にわたってスイスのジュネーブで開かれる国連人権理事会に参加し辺野古移設について演説をするという報道がなされた。

普天間飛行場の辺野古移設は日米間の国防外交政策である。一地方自治体の首長が国防外交問題を国連に訴えることはありえないしあってはならない。しかし、不可解なことに、翁長知事は「辺野古移設」をテーマにこれを阻止するための演説をするというのだ。それを実現するために積極的に動いているのは沖縄県庁ではない。国連NGOという民間団体である。

(記事全文はiRONNAのWebサイトでご覧ください)

沖縄・翁長知事の国連演説は本当にヤバい
月刊正論 私から見れば日本最大・最重要な歴史戦は沖縄の歴史戦である―。反差別運動に担がれた沖縄県の翁長知事の国連演説がはらむ深刻な危険性を同県出身のジャーナリスト、仲村覚が暴く。 自己決定権獲得運動の意図 中国と琉球独立派のシンクロぶり

 

タイトルとURLをコピーしました